FC2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
読書会もZOOMになりました
7/31国分寺LC読書会をZOOMで開催。

第3金曜日ヨルの定期会合がムリになった
ので、ZOOMに切り替えることになった。

森鴎外『雁』が、今回の課題作品。

20200722雁表紙

明治44年(1910年)「スバル」に発表。

明治13年日本のノラ、お玉の「自我の目覚め」
を描いたとする。、岡田を主人公とすると書いて
いるが、影が薄い。むしろ末造の出番が多い。

人物相関図  

今回のZOOMミーティングは、慣らし運転
だったが、全員次回からもコレで行こうと合意。



「なぜ標題が『雁』なのか?」の質問に対して、
その後、発表者のSさんから、次の補足来信:

森まゆみ『鷗外の坂』(中公文庫)p310の次の箇所でした。

「これも岡田元助(がんすけ)という小使い出身の医学生専門の高利貸がいたことを、入沢達吉が「明治十年以後の東大医学部回顧談」に書いている。借り出すと手当が遅れて無限に借金が増えることから「癌」の異名をとったこの男は、卒業した債務者に対し、旅費は向う持ちで手代を日本中に催促にまわらせたという。小説のタイトルも『雁』というのがふしぎである。また雁はカリガネとよみ、すなわち借金と通ずることを、佐藤良雄「『雁』のモデルと開成学校・医学校」(「鷗外」四号)は教えてくれる。」



Mumbler
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
https://calendaryamato.blog.fc2.com/tb.php/2715-24bc8f9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる