fc2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
東大和の「昔と今」展示@市役所玄関ロビー
今週から、市役所の玄関ロビーに
「東大和市の昔と今を記録しよう」
展示されています。

s-IMG_1309.jpg

市民のみなさんが、ひっきりなしに
立ち止まっ見ていました。

s-IMG_1312_20240216182540158.jpg


どっとネットの会の「デジタルアーカイブ研究会」の
皆さんが上北台公民館に強力して
作成、立ち上げたたものです。




Mumbler
ピアノの歩みを学ぶ@1/29 音楽茶話会
松村幹事の説明。うまいなぁ。
全体の構成、流れも素晴らしい。

使われたパワポスライドも見事な出来。

TitleG.jpg

チェンバロとクラヴィコードの紹介から始まる。
ピアノの祖先


現代ピアノ演奏もふんだんに。
全く贅沢なヨルだった。

集合写真2




Mumbler
今回は「祈り」がテーマでした@12/19 Emiwa
先生のひとりが、神戸から、東京に移られた。
また、再来年は、スエーデンに移住予定とか。
スエーデンから、ZOOMで指導となるのかしら?

今回は、思わぬ絵たちが教材になった。
それぞれが大違い。面くらった。

この3枚を「祈り」の題のもとにひとくくり。

3題


3名の先生に4名の生徒さん。ひとりは石垣島から。

集合写真2




Mumbler
『ごまかさないクラシック』を論ず@音楽茶話会読書会
一般教養として、私にはタメになったこのホン。

今晩の読書会は、活発。
ツッコミどころがあるんですねぇ。
やはりたくさん聴いているひとには適わない。
ああ、そうなのかと感じ入ることばかり。

今も、YouTubeの
「おやすみ バッハ」を流しています。

「バッハが音楽の父なら、ヘンデルは音楽の母」
と聞いたので、ヘンデル:オラトリオ メサイアも
読書会のあと、さっそく聴きました。

バッハ

「ベートーヴェン株式会社」論は
もっと戦われるかと思いましたが
もう盤石の不滅の金字塔。スンナリ。

ベートーヴェン


私が避けている前衛音楽にも、
かなりの理解者が。

音大の先生に愛好者が多い。
暫く前衛音楽が盛んであろうとのこと

ブーレーズ:レポンを聴いてみた。??が私の反応。

ほかに、武満徹:ベンバーステップス、
矢代昭夫:ピアノ協奏曲
アルヴォ・ペルト-:鏡の中の鏡

も聴いてみました。

ブーレーズ

こんなところにも武満徹が。
武光徹曲


私にとって、楽しい本でした。
表紙




Mumbler
「朝日新聞書評の舞台裏」
「朝日新聞記者サロン」で、
朝日新聞の「書評」欄のしくみを知った。

書評欄の歩みから、メンバーの構成、
内規の数々。取り上げる書籍の選定場面から、
書評者決定、書評の編集まで。面白い。

新たに書評メンバーになった山内マリコが登場。
金原ひとみからの交替とか。

まだ、山内マリコのものは読んでいない。
早速、図書館に予約。たくさん出してるなぁ!

Title_20231216214420e2c.jpg




Mumbler


このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



本棚 ヨンデルの続き



シンプルアーカイブ



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる