FC2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
池上さんの『資本論』解説
南街公民館「歴史文学会」を見学して
『資本論』を舐めてみようかという気になった。

桜が丘図書館に、格好の解説書があった。
池上さんの名調子だから、スラスラ読める。

電車とバスの中で読了。原著(マルクス)の
装飾を剥ぎ、今の時世に合わせての解説。

戦後暫くは、どこでも教えていた『資本論』、
が、その後ケインズ政策、新自由主義へとなびく
学者・役人の動きなど、ズバリ池上流。

なぜ、今、再び『資本論』なのか。面白かった。

20190315高校生資本論表紙


Mumbler

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

倉本一宏『奈良朝の政変劇』を読む

橘奈良麻呂の変、恵美押勝の乱、・・・と
「続日本紀を読んでみよう」教室では、政変続き。


倉本一宏氏が、数々の政変の、
それぞれ、ウラ話、先生方のヨミを
紹介してくれます。


吉川弘文館 1700円+税(YH)

20190221奈良朝の政変劇表紙


Mumbler
マンガ?読書会向き?楽しけりゃいいじゃないか!
2/15LC読書会の課題作品は『舟を編む』
マンガチックで、娯楽小説、ハッピーエンド。

「読書会としては、もっと固い作品を
取り上げるべきではないか」
と発表者ご自身からの「反省」あり。

でも、こっちとしては、三浦しをんが
楽しかったから、『まほろ駅前多田便利軒』、
『むかしのはなし』も読んで参加した。

たかが、おとなの趣味の「読書会」
楽しけりゃいいじゃないか。「勉強」ごっこは、もう・・・

20190107舟を編む表紙  





Mumbler
思い込みのウソを解く 『Factfulness』
図書館で買ってもらった。受け取ったら
「次にお待ちの方が・・・・」のスリップあり。
早く返却しないと。読みやすい翻訳。

陥りやすい思い込みの例を挙げ、思考の
ダイナミック・レンジを拡げようの趣旨。

最近の世情を見てのことかと見まがう指摘:

「強烈なイメージに注意しよう」
頭に残りやすいが、例外かも知れないと疑ったほうがいい。
「自分以外はアホだと決めつけないようにしよう」
謙虚になって考えてみよう。
もしかしたら賢いやり方かもと自問しよう。
「データにこだわろう」
正確で重要なデータだけを取り入れよう。
「過激な対策に注意しよう」
どんな副作用があるかを考えよう。
その対策の効果が本当に証明されて
いるかに気をつけよう。
地道に一歩一歩進みながら、
効果を測定したほうがいい。
ドラマチックな対策よりも、
たいていは地道な一歩に効果がある。

20190204Factfulness表紙


Mumbler
『天平の女帝 孝謙称徳』を読む
『続日本紀』教室では、聖武天皇のあと、
孝謙女帝が継承するところにさしかかった。

教室で推薦されたので、読んだ。
解説が、中世国文学の島内景二先生。
この解説につられて、この本を買ってしまった。
図書館にもあるんだけれども。

和気清麻呂の姉、広虫の目を通して
聖武ー孝謙ー淳仁ー称徳ー光仁天皇に
わたる藤原氏の策謀、孝謙=称徳の弁護
に力を入れて書いている。

『続日本紀』をこういうふうにまとめることもできるんだ。

20190111天平の女帝表紙

『続日本紀』を題材にした小説で今までに読んだのは、下記3冊。


Mumbler


このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる