FC2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
カレンダー東やまとのカテゴリー
BlogTop2.jpg

ブログ 「カレンダー 東やまと」の:

講座・セミナー
こども科学実験教室
健康
読書会・読書
IT技術
演奏会
(上の文字をクリックしてください)
 
20171115ゆったり日和ロゴ

続きを読む
Mumbler

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

岡崎次郎論議@「資本論を読む」南街公民館.
7/26(日)『資本論』第23章を引き続き読む。

一字一句にダメ押しが入る。「蓄積」と「集積」
その定義さえ文脈によって変わる。

「ナン版の仏文ではどうなってる?」
「誰の訳?どこの出版?」「ドイツ語の原語では?」

など話しているうちに、向坂逸郎vs岡崎次郎
のいさかいが話題にのぼる。岡崎夫妻、
80才で失踪、未だにそのあとが分からず。

自叙伝『マルクスに凭れて六十年』は、
図書館にはない。古書で探したら、
15000円ナリ。相変わらず、本筋の『資本論』
読解よりも下世話な興味に走るワタシ。

20200730岡崎次郎マルクスに凭れて表紙


この
「歴史読書会」のみなさんは、
こんなものまで、目を通しておられるらしい。







Mumbler

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

8/3「きたやまWebinar」
8/3北山修先生が「コロナと日本人」と
題してZOOMで講演(Webinar)。

『古事記』のイザナキが黄泉の国のイザナミ
から逃げ去る神話、『夕鶴』の鶴が与ひょうから
立ち去る話をもとにして持論を展開された。

20200803北山修2

きたやまWebinarは、次回9/27(日)開催は
「木立の文庫」から「白鷗大学Webフォーラム」に。

20200725きたやまWebinar




Mumbler
8/4狭山公民館スマホ・サロン
脳トレは、2文字漢字のしりとり 。
そのあと養生気功を 30分タップリ。
自律神経健全化に挑戦しました。

個別問題では QR コードを使って
LINE の お友達招待。パソコンでは、Word で
テキストブロックの挿入 を実習しました。


お客様: 社協さんからお二人さま来訪。
取材して行かれました。

IMG_20200804_093203.jpg




Mumbler

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

灘高オンライン文化祭
今年の灘高の文化祭はオンラインになった。

20200727灘高文化祭


TEDをもじったNEDは、一見の価値あり。
https://fest.nada-sc.jp/2020/ned
Nadako Entertainment Designの略か。

朝日新聞が珍しく大きく取り上げていたので。


Mumbler
8/3「駅前deスマホ」オンラインが正式発足
今まで非公式に、オンラインで毎週開いてきた
「駅前deスマホ」オンラインが、8/3から
武蔵野市の「いきいきサロン」として公式に
発足しました。

8/3には、武蔵野市役所からも、
オンラインでご参加いただきました。

20200803いきいきサロン説明-2


コロナ禍の影響を受けている、武蔵野市内の
ほかの「いきいきサロン」との協働も
大歓迎です。




Mumbler
天日干し
3キロの梅の天日干しが始まった。うちで
収穫の梅は、そばかす多く、選に漏れた。

見るだけで、唾液が出てくるね。

DSC_0001-2_20200803093158e5d.jpg




Mumbler
カルチュラルジャパン(デジタルアーカイブ)が8/1公開
「カルチュラル ジャパン」が8/1公開となった。
世界中の博物館・美術館の収蔵品が見られる。

「人物で探す」「時代で探す」「カテゴリで探す」で
検索。ホンモノがどこにあるか即、探求できる。

20200802Cultural Japan


凄いプロジェクトだったんだねぇ。
今回、公開できることになったのは、また凄い。


20200802Cultural Japan関連図

これを眺めてりゃ、1日過ぎちゃう!!




Mumbler
読書会もZOOMになりました
7/31国分寺LC読書会をZOOMで開催。

第3金曜日ヨルの定期会合がムリになった
ので、ZOOMに切り替えることになった。

森鴎外『雁』が、今回の課題作品。

20200722雁表紙

明治44年(1910年)「スバル」に発表。

明治13年日本のノラ、お玉の「自我の目覚め」
を描いたとする。、岡田を主人公とすると書いて
いるが、影が薄い。むしろ末造の出番が多い。

人物相関図  

今回のZOOMミーティングは、慣らし運転
だったが、全員次回からもコレで行こうと合意。



「なぜ標題が『雁』なのか?」の質問に対して、
その後、発表者のSさんから、次の補足来信:

森まゆみ『鷗外の坂』(中公文庫)p310の次の箇所でした。

「これも岡田元助(がんすけ)という小使い出身の医学生専門の高利貸がいたことを、入沢達吉が「明治十年以後の東大医学部回顧談」に書いている。借り出すと手当が遅れて無限に借金が増えることから「癌」の異名をとったこの男は、卒業した債務者に対し、旅費は向う持ちで手代を日本中に催促にまわらせたという。小説のタイトルも『雁』というのがふしぎである。また雁はカリガネとよみ、すなわち借金と通ずることを、佐藤良雄「『雁』のモデルと開成学校・医学校」(「鷗外」四号)は教えてくれる。」



Mumbler
『続日本紀』Webinar、ZOOMで
7/31も、オンサイトの講義と並行して
ZOOMでもWebinarが行われた。

講師の先生が重装備になるので心苦しい。

入室制限のため、一部受講者は
オンラインにならざるを得ないのだ。

わたしは、おうちで受講。コロナの恐れも
なく、往復4時間の通学節約でラクちん。
申し訳ない。

1-1.jpg

うちのパソコンに映った画面をプリントスクリーン
2-2.jpg


8月は夏休み。9月から再開される。


Mumbler


このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる