カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
仁和寺と御室派のみほとけ 天平と真言密教の名宝
展示は今日まで。入場券売り場は長蛇の列。
その上、入場まで30分待ち。ヒト、ヒト、ヒトに酔う。

表紙は阿弥陀如来坐像千手観音菩薩坐像(大阪・葛井寺)
ちらし

再現された仁和寺・観音堂(写真撮影可)
s-IMG_20180311_113411.jpg

壁画も回廊も再現されていました
s-IMG_20180311_113656.jpg

白檀に彫刻した国宝 薬師如来坐像、空海が書写した
国宝 三十帖冊子には特にヒトが密集していました。

コメント
仁和寺と御室派のみほとけ
こんにちは。
私も「仁和寺と御室派のみほとけ」展を見ましたので、楽しくブログを拝見しました。一般非公開の修行道場 「観音堂」を特別に再現は、中央の千手観音菩薩立像をはじめ、二十八部衆立像や風神・雷神立像など、33体の仏像に囲まれた荘厳な雰囲気が体験できてよかったと思いました。写真が撮れたのもよかったですね。福井県・明通寺の重要文化財・降三世明王立像・深沙大将立像、徳島県・雲辺寺の重要文化財・千手観音菩薩坐像、兵庫県・神呪寺の重要文化財・如意輪観音菩薩坐像、福井県・中山寺の重要文化財・馬頭観音菩薩坐像など、観る機会のない仏像がたくさん見られて、感激しました。

私は、今回の「仁和寺と御室派のみほとけ」展で最も強く感銘を受けた仁和寺の阿弥陀如来像と葛井寺の千手観音菩薩像について、その比類ない魅力を詳しく監査して、その美しさの秘密を詳しく考察してみました。 ざっとでも読んでいただけると嬉しいです。ご感想・ご意見などありましたら、ブログにコメント頂けると感謝いたします。

[2018/03/17 16:18] URL | dezire #WrH9dxvw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://calendaryamato.blog.fc2.com/tb.php/1806-e448e292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる