カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
北海道、北東北の縄文遺跡群を学ぶ
縄文遺跡群

有楽町朝日ホールの「世界遺産登録推進フォーラム」に行ってきた。
このたび、北海道、青森、岩手、秋田に散在する18の遺跡群が、まとまって登録申請を出すのだそうだ。
18のうち、北海道が、6つ!
古いもの(青森大平山元遺跡)は、13000年前、旧石器時代から、縄文に移行する時期

黒曜石、ヒスイが、発掘されている。交易がかなり広域だったんだね。
北の果ての縄文遺跡は、これまで三内丸山遺跡ぐらいしか知らなかった。
遮光土偶など、縄文土器について、断片的には知っていたが。
こんなに、発掘、調査、整理が進んでいるとは!

「白河以北、一山百文」などとは、とんでもない!
1日100文字目指して 「文章表現の会」
文章表現の会ちらし

毎月1回、作文を持ち寄り、合評会をやっています。
600~800字程度を目安にしているんですが、みなさん、軽く2000字くらい書いてきます。
ホームページによれば、もう18年間活動しているようです。
私は、参加するようになってから、せいぜい10年くらい。

「1、10、100、1000、10000健康レシピ」のなかの「1日100文字書こう」は、ここでコナしています。
場所は、くにたち公民館。第2土曜日10時から。見学大歓迎!
「Evernote」を原稿書きに
evernote超知的生産術

野火止用水さんに勧められて、ブログの原稿をEvernoteで書くことにしました。
このたび、Versionが、3.5から、4.1に変わりました。
3.5でも、十分に強力でしたが。

どんどん、「メモ帳」気分で書き続けられます。
ブログの原稿も、ここで書き溜めています。Terapadや、メモ帳は止めました。
(ただし、Pomeraでの、メモ取りは、まだやっています。)

1.時刻が自動記録される。
2.保存が自動(「KAMI」のように)
3.どんどん、書き足せる。中断しない。
  「メモ帳」や、「ワード」のようにいちいち「名前を付けて保存」しなくていい。
4.ファイル並び順が作成日、更新日、タイトルの昇順、降順で変えられる。
5.フォントサイズ、色、字体が、ワードパッド並に変えられる。
6.容量無制限。ただし月に60メガまで。
7.エクセル、動画は、無料サービスでは、アップできない。(月5ドル・プレミアム契約なら可能)
8.メアドが設定される。どんどん、メールで送りこんで、溜め込むことができる。
9.記事の検索ができる。記事が溜まってくると有難味がわかる。
10.原稿のファイルを同期してくれます。どのパソコンでも、中断したところから書き継げます。

なるほど、ブログの原稿づくりに向いている。EverNoteのURLは下記の通り。

https://evernote.com/intl/jp/

ここから無料でダウンロードできます。
上記の本は有料(1680円)です。私は、買わないでEvernoteを使っています。
「司馬遼の会」の会誌を製本してきました。
taimatsu.jpg

東久留米市民プラーザの印刷機を借りて、42ページを印刷。
閉じて、袋張り。会誌「たいまつ」第2号完成。
来月から300円で発売します。
多分売れるのは、せいぜい50部だろうなぁ。
こんな手間暇かけて。

世は電子時代じゃないか。
ネットにアップすれば資源節約になるし。
でも、課金のシステムがないか。

「芥川龍之介を読む」講座
くにたち中央公民館で、

「芥川龍之介を読む」が始まります。

講師は、山岸郁子先生(日本大学・日本近代文学)
いずれも、午後7時から9時まで。

1月25日(金)「羅生門」「鼻」
2月8日(金)「地獄篇」「蜘蛛の糸」
2月22日(金)「蜜柑」「トロッコ」
3月8日(金)「蜃気楼」「歯車」

申込みは、042-572-5141

Kindle Paperwhite 3Gを買いました。
Kindle Paperwhite

ビックカメラでは、予約受付だったのが、アマゾンでは、なんと「在庫あり」に変わっていました。
しめた!と発注。例によって、アマゾンから間髪を入れず到着。
早速遊んでいます。
オモシロ過ぎる!

これは、スマホとか、パソコンではありません。読書専用機です。
ちょうど、「芥川龍之介を読む」講座が始まるので、課題の小説をダウンロードし、2,3冊読んでみました。
いずれも「青空文庫」提供ですので、ゼロ円。

魅力だったのは、

普段はWiFiですが、3G接続も無料、2ヶ月間充電不要、暗いベッドでも読める。
大人のオモチャとしては、値頃感。
月々のコストがかからないのがいい。

でも、あくまでも読書専用機です。内ポケットに収まります。
専用ケースが3500円でしたので、こちらは敬遠して、100円ショップで見つけたケースに入れています。
『続日本紀』をスタートしました!
続日本紀

本日は、記念すべき日。
『続日本紀』を読み始めました。
月2回、三田の新現役ネットに通います。
岩波の新日本古典文学大系で5冊。各冊600頁。
これから10年かかろうか、という大プロジェクト
みんなに宣言しておかないと、意志が萎えそうなので。

昨年末に『日本書紀』5冊を読了。
でも、岩波文庫だったものね。それでも7年半かかりました。

『続日本紀』には、アテルイも出てきますよ。
ご一緒に始めませんか?
「司馬遼の会」で卓話することになりました。
八田與一像縮小

 月に1回、東久留米の「司馬遼の会」に参加しています。
いつも30名くらいの司馬さん狂いが集まります。
それが、よりによって、今年初頭の卓話をするよう指名されました。

 さぁ~大変。
熟慮(というほどでもないが)近隣諸国との関係がおかしくなっている折から、
日本贔屓の多い(と思われる)台湾を選ぶことにしました。
司馬さんの「街道をゆく 台湾紀行」の中の「八田與一のこと」を取り上げます。

テーマを「八田與一像をめぐって」としました。
せっせとパワーポイントを作っています。

 今なお、現地人が神様としてし敬慕する八田を、「遅れて来た明治人」の非業の死ととらえます。
八田は、「坂の上の雲」を目指した明治人の気概を、昭和の世にも持ち続けたと言います。

 でも、そんな単純なハナシじゃなさそうです。

 日本側の思い込みは、台湾では、日本は、こんないいことをした。だから八田が、今も、こんなにまで敬愛されるのだと考える。が、台湾側での思惑とはズレがある。台湾側が、歴史の教科書にとりあげたのも、台湾の試練の時代を通じて、八田の像を守り抜いたという「台湾人」としての誠実、温情、勇気、実直な「国民性」を鼓舞したかったまで。美しき誤解の産物と理解すべきだという説が出てきています。

 ちょっとややこしい話を、司馬さん狂いの前でやるのは、度胸が要るなぁ。

八幡神社に初詣
PC260001s-八幡神社

 お昼なら空いているだろうと、期待して昼過ぎに行ったが、長蛇の列。
鳥居の外まで続いている。ここ数年こんな混みようは見たことがない。
無風、温暖、快晴のお天気のせいか。不景気のせいで、神頼みが増えるのか。

 お賽銭はあげたが、お札も、おみくじも買わず。
 往復5000歩。先ずは、健康、平穏な2013年のスタート。


このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる