FC2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
邪馬台国論議@全国邪馬台国連絡協議会東京大会
11/8(木)春日にある文化シャッターのホールで
菅野雅雄教授と関裕二氏の講演を聞いた。

『古事記』権威の菅野教授、文献検討の厳しさを
語られたが、悲壮感なく、ユーモアたっぷり。

『魏志倭人伝』と『古事記』とはかかわりなしと明言
のうえ、文献学のうえから『魏志』の読み解きかた、
さらに『日本書紀』記述とのかかわりを指摘された。

20181109菅野雅雄教授

関裕二氏は、作家のイマジネーションで、『書紀』
仲哀天皇条から、邪馬台国を読み取ろうとする話
ちらし

倉本先生の「仏教公伝」のはなし
倉本先生ほんとにタレントだなぁ。仏教公伝前後の
いきさつを豊富な資料を使って笑わせながらの講演。

隣席のおじさんは、倉本先生が終わると退出した。
広いよみうりホールが満席でした。8:45終了。

20180821飛鳥仏教の花ちらし

山本氏は飛鳥寺本尊と鞍作鳥(くらつくりとり)の伝承、
法隆寺釈迦三尊と救世観音など、飛鳥仏のはなし。
20181107奈良学飛鳥仏

東久留米まち歩きの前に古地図を学習
東久留米の中の、「旧門前村のむかしみちを歩く」
に先立つ学習会。明治7年の地租確定時の
古地図からむかしみちを今の地図に記入。

s-IMG_20181102_153512.jpg

来週の実地歩きのまえの解説
IMG_20181102_140116-2.jpg

「ぶらりまち歩き」が趣味の市役所の井上さん
IMG_20181102_140607-2.jpg

なるほど、こんな「わがまち探索」のやり方もある!

お祭りの原点「おたび所」について
東京雑学大学11/1、松岡三五郎氏の講義。
お神輿は、本来、神様の「おたび所」への往復なのだ。

「おたび所」で神様が再生される。依代(よりしろ)に
降臨なさるのだ。知らなかったなぁ「おたび所」の意義。

s-IMG_20181101_140114.jpg

「おたび所」への神輿の渡御にもっと注目しよう
s-IMG_20181101_140148.jpg

日本モーム協会秋季作品鑑賞会と特別講演会
10/28(日)秋の例会が東洋大学白山で開かれた。
行方昭夫会長挨拶の中でラッキーな人に触れられた。

アマゾンの古書市で購入したモームの『人生と文学』 
それが1959年モーム来日時にモームがサインした1冊。
なんと1円で売られていた!まさにオタカラ。

DSC_0040_201810282350471df.jpg

岡部 佑人氏が進行役で「ジゴロとジゴレット」作品鑑賞会
DSC_0054_20181028235049a77.jpg 

NHKカルチャーラジオなどでお馴染みの
斎藤 兆史東京大学大学院教授の特別講演
「『デイヴィッド・コパフィールド』と『人間の絆』」
DSC_0072.jpg  

齋藤教授と行方会長 懇親会でのツーショット
DSC_0078_201810292244277ad.jpg



このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる