カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
漱石山房記念館解説講座
首都大学東京で、漱石没後100年の記念公開講座。

新宿区に生まれ、新宿で没したのと、作家生活11年の
うち、9年間を新宿区で過ごした縁から、新宿区で
大々的に漱石を活用。昨年9月区立漱石山房記念館を
漱石山房跡地にオープン。そのお披露目講演。

漱石


漱石山房テキスト

司馬遼の会で「参勤交代」の卓話をしました
恥ずかしながら、東久留米で卓話してきました。

卓話風景

市役所にこんなポスターが貼ってあったそうです。
DSC_0001-2_2018051315522175f.jpg

当日のハナシは、「司馬遼太郎を語る会」の斎藤代表が
下記ブログにうまくまとめてくださいました。↓

6月1日「おとなの社会科」講座で、ロン先生の「アメリカの
学生に教える『参勤交代』」があるので、予習をしたんです。

里正日誌を読み解く 5月度「おとなの社会科」
『里正日誌』の記述から、石川地頭家(奈良橋)と
酒井地頭家(芋窪)を読み解く。石碑の判読と
『寛政重修諸家譜』でたどる。

まさに『里正日誌』深読みのだいご味。
こちらも楽しくなる、講師の砂田氏のお話。
次回、6月15日は、実地踏査が組まれている。

s-IMG_20180518_140622.jpg

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

東京雑学大学 2018年6月の講義​予定のお知らせ
参加費は、1回500円です。
学生会員に入会すると、毎回資料代(100円~300円程度)だけでご参加できます。
学生会員の年会費は、5,000円です。(年度内途中入会には、割引があります。)

下記のホームページに、最新の情報と会場ご案内地図を掲載しております。
(クリックしてください)
http://tzatudai.ec-net.jp/kaizyoumap.html
開催時刻は、いずれも午後2時から4時までです。
(ただし、第2木曜日の講座は、2時半から)

==============================

会場: 田無公民館
1134回 5月24日(木)
演題: ユーモアダイアリー“一笑懸命” ~認知症予防に役立つユーモア日記~
講師: 窪 宏太郎氏(経営労務コンサルタント)

  日記について調べてみると、日記は読み返すものだとあります。それならば、後で読んでも面白く、その時の世相・生活状態がわかるもの、かつ脳活性化に役立つものという観点からたどり着いたのが、ユーモア日記“一笑懸命”です。
  今年で丸10年。さらに私がやってきた“笑死化推進友の会”の思想とも一致します。一日一笑(一勝)。最後まで笑っていたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会場:田無公民館
1135回 5月31日(木)
演題: 古典に現れた浦島太郎たち
講師: 川口順啓氏(鉄道文学界顧問、元JR東海専務取締役)

  浦島太郎の物語は、室町時代以降の「お伽草子」や近代の小学校教科書によって広く普及している話なのですが、古代の「風土記」や万葉集」などにも記載されており、話の内容はいろいろ異なっているのです。
  古典に現れている浦島太郎のさまざまの姿をさぐってみましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会場: 西東京市民会館
1136回 6月7日(木)
演題: 超高齢社会における老後対策・相続対策
講師: 原孝雄氏(ファイナンシャルプランナー・行政書士)

  人生100年時代。元気な高齢者が増えています。しかし、加齢による心身の機能低下は避けられません。少子高齢社会では誰もが最後はおひとり様です。人の世話になりたくないと思っても、判断力が低下したときはs誰かに老後を託せざるを得ません。
  安心した老後を過ごすため、死後の相続争いを防ぐためには、元気なうちに成年後見・家族信託・相続・遺言など様々な制度を知って具体的に備えることが大切です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会場: 多摩交流センター
    武蔵野市かたらいの道(遠隔講座)
1137回 6月14日(木)
演題: 赤穂事件(忠臣蔵)に見える人間模様
講師: 吉田豊氏(古文書インストラクター)

  元禄赤穂事件は、芝居「忠臣蔵」を通じ320年後の今日も国民に親しまれています。それは、発生から藩士切腹までの2年間に認められる多くのドラマが私達を感動させるからです。
  今回はそれらのうち、目付・多門伝八郎と荒木十左衛門、小野寺十内その他の事例を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会場: 田無公民館
1138回 6月28日(木)
演題: 将軍生母月光院の一生
講師: 松尾美恵子氏(学習院女子大学名誉教授)

  幼い頃から踊りの芸を持って屋敷奉公し、甲府宰相徳川綱豊(のちの江戸幕府6代将軍家宣)の侍妾となり、その後7代将軍家継の生母として歴史にその名を残した月光院の生涯をたどるとともに、月光院付の大奥女中絵島らが処罰されたいわゆる絵島生島事件の意味をさぐる。

20180214東京雑大HP

日米、日中、日韓 起こり得べきこと
Newsweek日本版コラムニスト、河東哲夫氏の講演を聞く。
西東京市民会館における東京雑学大学の4月25日講座。

20180426雑大河東氏

在韓米軍の撤退?韓国+北朝鮮のGDP>ロシア、
台湾に対して中国が動くとき、などなど示唆に富む話。

さらに、AIを動かし続けるとすれば、その動力はどうするの?
思わぬ視点をを次から次に。河東氏のブログは下記に↓

http://www.japan-world-trends.com/ja/



このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる