FC2ブログ
カレンダー 東やまと
このまちには、知的興奮を促すお仲間がいっぱい。仲間はいいな。
カレンダー東やまとのカテゴリー
BlogTop2.jpg

ブログ 「カレンダー 東やまと」の:

講座・セミナー
こども科学実験教室
健康
読書会・読書
IT技術
演奏会
(上の文字をクリックしてください)
 
20171115ゆったり日和ロゴ

続きを読む

テーマ:ブログのまち 東大和 - ジャンル:地域情報

邪馬台国論議@全国邪馬台国連絡協議会東京大会
11/8(木)春日にある文化シャッターのホールで
菅野雅雄教授と関裕二氏の講演を聞いた。

『古事記』権威の菅野教授、文献検討の厳しさを
語られたが、悲壮感なく、ユーモアたっぷり。

『魏志倭人伝』と『古事記』とはかかわりなしと明言
のうえ、文献学のうえから『魏志』の読み解きかた、
さらに『日本書紀』記述とのかかわりを指摘された。

20181109菅野雅雄教授

関裕二氏は、作家のイマジネーションで、『書紀』
仲哀天皇条から、邪馬台国を読み取ろうとする話
ちらし

鷹の台の美術館・博物館巡り
11/10(土)は,くにたち「文章表現の会」の秋の散策。

ムサビの美術館では「グレートジャニー」関野吉晴展を
やっていました。地下通路まで巨大写真の数々。

IMG_1451.jpg

ホモサピエンス10万年のルーツを探る、壮大な実験。
砂鉄から鉄器工具をつくり、原始林から木を伐り出し
舟を彫り、帆を草木から作り出す関野ゼミの徹底ぶり。

関野氏が、ムサビの先生であることを知らなかった。

関の吉晴ワンダースペースちらし


並行開催で、古典籍の歩みと古典籍の読解、字形研究の
ためのデジタル技術の活用の紹介など、特大の展示。
和語表記による和様刊本の源流


ムサビから、お隣の朝鮮大学校へ。T先生のお世話で
朝鮮歴史博物館と自然博物館を見学させていただいた。

H先生、L先生の丁寧なご案内に一同感激。
朝鮮歴史博物館自然博物館

カメラとマップを実習 西久保コミセン スマホ講座
講座2日目は、カメラ機能と「マップ」活用の実習。
iPhoneあり、らくらくスマホあり、の混在のクラス。

殆ど、個別対応の指導になりました。

s-IMG_20181109_102741.jpg

自撮り、連射、動画撮影など試みました。
s-IMG_20181109_103158.jpg

倉本先生の「仏教公伝」のはなし
倉本先生ほんとにタレントだなぁ。仏教公伝前後の
いきさつを豊富な資料を使って笑わせながらの講演。

隣席のおじさんは、倉本先生が終わると退出した。
広いよみうりホールが満席でした。8:45終了。

20180821飛鳥仏教の花ちらし

山本氏は飛鳥寺本尊と鞍作鳥(くらつくりとり)の伝承、
法隆寺釈迦三尊と救世観音など、飛鳥仏のはなし。
20181107奈良学飛鳥仏

東久留米まち歩きの前に古地図を学習
東久留米の中の、「旧門前村のむかしみちを歩く」
に先立つ学習会。明治7年の地租確定時の
古地図からむかしみちを今の地図に記入。

s-IMG_20181102_153512.jpg

来週の実地歩きのまえの解説
IMG_20181102_140116-2.jpg

「ぶらりまち歩き」が趣味の市役所の井上さん
IMG_20181102_140607-2.jpg

なるほど、こんな「わがまち探索」のやり方もある!

お祭りの原点「おたび所」について
東京雑学大学11/1、松岡三五郎氏の講義。
お神輿は、本来、神様の「おたび所」への往復なのだ。

「おたび所」で神様が再生される。依代(よりしろ)に
降臨なさるのだ。知らなかったなぁ「おたび所」の意義。

s-IMG_20181101_140114.jpg

「おたび所」への神輿の渡御にもっと注目しよう
s-IMG_20181101_140148.jpg

狭山スマホ・サロン 「写真を取り込む」
11/6のスマホ狭山だべりサロンは、
スマホで撮った写真をパソコンに
カンタンに取り込む実習をしました。

充電ケーブルをパソコンにつなぐと、スマホが
「充電のみ」にデフォールト設定されているので
「PTP(写真を転送する」にチェックを入れる。

USBスティックと同様にスマホを操作できます。

IMG_20181106_112354-2.jpg

次回の狭山スマホ・サロンは、12月4日(火)です。




『日本史の論点』を読む
古代 倉本一宏
中世 今谷明
近世 大石学
近代 清水唯一朗
現代 宮城大蔵

が、学界における最近の見解動向を紹介。

教科書から「坂本龍馬」が消える時代だ。
この種読み物で、アタマを柔軟にしておかなくては。

「次にお待ちの方が・・・」のスリップが
あった。早々に読んで返却。

20181031日本史の論点表紙

あとは小鳥たちに
柿はまだ残っているけど、採るのはやめた。
梯子に上って、高枝ばさみを使うのは危険だ。

大きく、光り輝いているのを小鳥たちに残そう。
満艦飾だった、今年の柿は終わった。

これまでに採り入れたのは、
スーパー熟柿に変わりつつある。

s-DSC_0003_201811031138318ac.jpg



このまちに住んで半世紀

庭の梅の木、柿の木も育つはずだよ

Mumbler2

Author:Mumbler2
カレンダー☆東やまと☆へ
ようこそ!

こども科学実験教室でボランティア   やっぱり理科は楽しい!



最新記事



フリーエリア

← この記事お役に立ちました?

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東大和情報へ

クリックお願いね!



フリーエリア

← ブロッガーを増やした~い。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ

ポチっと押してください!



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



月別アーカイブ



本棚 ヨンデルの続き



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる